売却相談ナビホーム会社案内当社の売却査定について不動産
売却の流れメリットについてお客様の声
簡単無料査定

さいたま市のお役立ち情報ブログ

2018年7月 6日 金曜日

さいたま産本格イタリアンを目指して新連載vol.1~さいたまヨーロッパ野菜物語~「イタリアンな街」をバックボーンにスタート

さいたま産本格イタリアンを目指して
新連載vol.1~さいたまヨーロッパ野菜物語~

「イタリアンな街」をバックボーンにスタート
さいたま市でヨーロッパ野菜が栽培され、
市内の多くのレストランで提供されている
ことをご存じですか?

さいたま市でヨーロッパ野菜が栽培され、
市内の多くのレストランで提供されている
ことをご存じですか?
日本ではあまり馴染みがなかった野菜が
身近になっていったのには、
さいたま市のある特徴が背景にありました。
2009年のある日、流通業界紙を読んでいたら、
「チーマ・ディ・ラーパ」というヨーロッパ野菜の
種が新発売されるという記事が目に留まりました。
販売元は、見沼区にあるトキタ種苗。
「地元にこんな珍しい野菜の種を作っている会社があるんだ」
とびっくりして担当者宛にメールをしたら、社長から
「ぜひ会いましょう」と。
「チーマ・ディ・ラーパを作る人がいないから紹介してほしい」
と依頼されました。
 さいたま市は、当時既にパスタやワイン、チーズの消費量が
全国でもトップクラスである、いわば「イタリアンな街」。
ここでヨーロッパ野菜を作れば、もっと話題になるのに、
とは思っていました。そこで、地元の農家の方たちに
「こういう野菜を作ってみませんか」とお願いする
ことから始めたのです。
とはいえ、見たことも聞いたこともない野菜、
栽培しても果たして売れるのか。最初はなかなか
理解を得るのが難しかったのですが、
岩槻区の若手生産者たちが賛同してくれ、
レストラン、種苗会社、卸売業者ともタッグを組んで、
13年4月に「さいたまヨーロッパ野菜研究会」を結成。
地域が一体となって、一からヨーロッパ野菜の
地産地消に取り組んでいくことになりました。


北 康信さん
さいたまヨーロッパ野菜研究会会長。
「ディアボラ」「アズーリ」など、
さいたま市で4店のイタリア料理店を経営する。

投稿者 マイホームレーダー

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


大きな地図で見る〒337-0051
埼玉県さいたま市見沼区東大宮
5丁目40-18
営業時間/AM8:30~PM10:00

詳しくはこちら
048-689-9119
  • RSS配信
  • RSSヘルプ