売却相談ナビホーム会社案内当社の売却査定について不動産
売却の流れメリットについてお客様の声
簡単無料査定

さいたま市のお役立ち情報ブログ

2019年8月 6日 火曜日

シニア連載第24回売りますか?それとも 住み続けますか?

シニア連載第24回
売りますか?それとも 住み続けますか?


Q 高齢者住宅の入居金にと思い、
住んでいるマンションの査定を依頼しました。
駅から近く、周囲に商業施設も多いので期待していましたが、
査定額は想像よりもはるかに低く...。
売らずに最期まで住み続けた方がいいのか、悩みます。
(78歳・要支援2)

A この方のように自宅マンションを売却し、
そのお金を高齢者住宅の資金に当てようとお考えの方が多くなりました。
査定額は業者により差があり、中には現実的ではない高額の査定を提示
しておきながら、実際の手元に残った金額は他の業者の査定額より
はるかに少なかったというトラブルが発生しています。
業者選びはくれぐれも慎重に。
 ただし、この相談者の自宅は、築年数がかなり古く、
エレベーターがない物件のようで、査定額が低くなったと思われます。
中古物件をおしゃれにリノベーションして暮らし続けることも可能ですが、
ご自身の年齢と身体状況を環境設備と照らし合わせて精査することが重要です。
この方のように身内のご縁が少ない場合、5〜10年後の身体状態を想定し、
〝住み替える又は住み続ける〞のいずれも〝タイミング〞を間違えないでください。


介護連載プロフィール
有料老人ホーム・介護情報館 館長
今井紀子
病院の相談員、有料老人ホーム施設長、老
人保健施設事務長などを経て、現在は有料
老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅
のアドバイザー。セミナー・講演や執筆等
で精力的に活動。定期セミナー開催中。

投稿者 マイホームレーダー

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


大きな地図で見る〒337-0051
埼玉県さいたま市見沼区東大宮
5丁目40-18
営業時間/AM8:30~PM10:00

詳しくはこちら
048-689-9119
  • RSS配信
  • RSSヘルプ